【水の種類&メリット】・カラダにうれしいミネラルウォーター!

 

 

水の種類&メリット

 

水は硬度や成分によって、さまざまな種類に分けられます。

 

それぞれの水の特色を知り、その水を身体に摂り入れることで得られるメリットをしっかりと理解して、毎日の健康に役立てましょう!

 

 

 

軟水

・疲労回復

・美顔効果

・老廃物の排出

・ドロドロ血液の改善

 

 

 

硬水

・ダイエット

・便秘改善

・骨粗しょう症の予防

・不安、イライラ解消

・血糖値の改善

 

 

 

炭酸水

・冷え性改善

・便秘の解消

・食欲増進

・食欲抑制

 

 

 

アルカリイオン水

・胃酸過多の改善

・下痢の改善

・便秘の改善

・美顔効果

 

 

 

海洋深層水

・美顔効果

・便秘解消

・更年期障害の克服

・PMS(月経前症候群)の改善

 

 

 

温泉水

・イライラ・不安の解消

・便秘改善

・糖尿病の改善

・高血圧の改善

 

 

 

バナジウム天然水

・糖尿病の予防

・高血圧の改善

・動脈硬化の予防

 

 

 

シリカ水

・美顔効果

・髪、爪を元気にしたい!

・老化防止

 

 

 

 

 

自分にご褒美!

ミネラルウォーターで健康生活!



 

 

 

 

 

重炭酸イオン水

 

モデルアスリート大人気!!

 

今、注目を集めているのが、、

 

重炭酸イオンが含まれた、

ミネラルウォーター

 

 

 

重炭酸イオン

 

・疲労感を軽減

・血行改善

・美顔効果

・美髪効果

・冷え性改善

・肩こりの改善

 

 

重炭酸イオン入りの水

 

スポーツ選手が試合後に飲んだり、

モデルが美容のために飲んでいるそうです♪

 

 

 

重炭酸イオンを多く含むミネラルウォーター→・ゲロルシュタイナー

 

500mlのペットボトルに

885mg含まれています。

 

 

 

おいしい水の宅配サービス『アクアクララ』キャンペーン実施中

 


 

 

軟水硬水の違いとは!?

 

 

軟水と硬水の基準には【硬度】が用いられます。

 

水の硬度は、カルシウムマグネシウムの量から数値化sれる指標で、算出基準は国によって異なります。

 

WHO(世界保健機構)では水1ℓに溶けているカルシウムマグネシウムの量を数値化した値が120mg以上を硬水それ以下を軟水としています。

 

 

 

 

日本では、、

 

 

・0~100mg以下を軟水:

 

※主な銘柄=サントリー天然水、アサヒおいしい水、

 

 

 

・101~300mgを中硬水:

 

※主な銘柄=フィジーウォーター、シリカシリカマグナ300…

 

 

 

・301~1000mgを硬水:

 

※主な銘柄=エビアン、サンペレグリノ、天海の水硬度1000…

 

 

 

・1001mg以上を超硬水:

 

※主な銘柄=ゲロルシュタイナー、コントレックス、シャテルドン…

 

 

 

以上のように分けることが多いようです。

 

 

 

基本的に

 

軟水飲みやすく

 

硬水健康に効果的

 

 

 

 

軟水

 

・硬度:100mg/ℓ以下(ミネラルの含有量が少ない)

 

・味の特徴:のど越しが優しくまろやか。

 

・おススメの飲み方:和食の調理緑茶赤ちゃんの粉ミルクに適している。

 

 

 

 

硬水

 

・硬度:101mg/ℓ以上(ミネラルの含有量が多い)

 

・味の特徴:マグネシウムの量が多いほど、独特の風味がある。

 

・おススメの飲み方:スポーツ後のミネラル補給体質改善健康増進が期待できる。

 

 

 

 

以上、

 

 

 

あなたに合ったお水を毎日の暮らしの中で摂り入れて頂き、少しで健康に暮らして頂ければ幸いです!♪

 

 

今日も一日、

生かされていることに感謝です♪

 

 

 

 

最後までお付き合い頂きまして、

ありがとうございました。

 

 

 

追伸

 

 

正しい水分補給もご覧いただければ幸いです♪

 

 

 

 

さぁ、変わるなら今!

ミネラルウォーターで健康生活!



 

 

 

実感してください!このうまさ!

ぜひ確かめてください!

ミネラルウォーターで健康生活!



 

 

 

水飲みの基本ルール・カラダにやさしいミネラルウォーターとは!?

 

 

基本的な水の飲み方について

 

私たちの毎日の生活の中で、体から出ていく水分新しい水で補えば、

 

体の水分量は適正に保たれます。

 

※通常私たちが排出する水分は、約2.1~2.6ℓです。

 

一般的な食生活の場合、食事から800ml、体内での脂肪分解などによって得られる代謝水が約300mlあるとされ、

 

残りの1000~1500mlを飲料水で補わなければ慢性の脱水症状に陥ってしまいます。

 

なので、

 

基本的には、一日の目標飲水量約1.5ℓです。

 

 

体の大きさにもよりますが【体重×30ml】が適正飲水量ですので、

 

この飲水量を守ることが大切です。

 

 

例えば、

体重60㎏の場合、60㎏×30ml=1800mlという感じです。

 

 

おいしい水の宅配サービス『アクアクララ』キャンペーン実施中

 

水飲みの基本ルール

 

 

3:5:4 のおススメ

 

朝起きてから昼までに

昼食後から夕食までに

夕食後から寝るまでに4

 

の割合でお水を飲むようにする

という基本ルールです。

 

 

 

※500mlのペットボトル

を例に説明させて頂きます。

 

 

3:(166ml×3回)

5:(100×5回)

4:(125ml×4回)

 

といった感じです。

 

 

 

※ペットボトルに油性マジック等で大体でいいので、

 

線引き(マーキング)で表示しておくと分かりやすいですよ~。

↓↓↓

 

 

 

おいしい水の宅配サービス『アクアクララ』キャンペーン実施中

 

 

清涼飲料水水代わりにしない!

 

スポーツドリンクやビタミンC飲料を飲んでいるから水は足りているというのは間違いです。

 

コーヒーやお茶も同様です。

 

 

特に利尿作用がないものも、糖分の添加されていないものもありますが、「水」以外の飲み物で、体内水は整えられないと考えましょう。

ビールやワインなどのアルコール類も、水の代わりにはなりません。

 

 

 

 

 

 

むくむから飲まないNG!

 

むくみは女性に多い症状で、「むくむから水は控えている…」

 

水を控えれば一時的にはむくみが取れたように見えるかも知れませんが、更に慢性脱水症状を悪化させます。

 

 

正しい「チビチビ飲み」で体内の水とミネラルのバランスをとりましょう!♪

 

 

 

 

 

 

常温水を飲もう!

 

水は常温で飲むのが基本です!♪

 

冷たい水の爽快感は一種の中毒です。

(※口に入れた時の爽快感が病みつきになり、内臓や筋肉を冷やしてしまうのが水中毒です。)

 

なので、

 

最近では、コンビニやスーパーでも

 

常温飲料コーナー

 

が設けられています。

 

 

 

 

 

 

 

365日、同じ水と決めつけない!

 

それぞれ、私たちの体調は違います。

 

自分の体調に合わせて水を選択することが大切です。

 

(※詳しくは、【水の種類&メリット】を参照してください。)

 

 

正しい水分補給から

水の種類&メリット】を参照できます♪

 

 

 

おいしい水の宅配サービス『アクアクララ』キャンペーン実施中

 

 

 

寝る前まで水を飲まない!

 

小分けしてチビチビ飲むのが基本です。

 

就寝中は水を飲めないので、朝目覚めたらスグに水を飲むのはOKですが、

 

寝る直前に水を飲んでしまうと、夜中に排尿感で目が覚めてしまい、質の良い睡眠がとれなくなるのでNGです。

 

 

 

以上、

 

 

あなたに合ったお水を毎日の生活の中で、摂りいれて頂き、

 

少しでも健康に暮らして頂ければ幸いです!♪

 

 

 

 

今日も一日、

生かされていることに感謝です♪

 

 

 

 

最後までお付き合い頂きまして、

ありがとうございました。

 

 

 

 

カラダにやさしい!

はじめませんか…!?

ミネラルウォーターで健康生活!