【カラダの不調を解消!】どんどん元気になる食べ物とは…!?

免疫力低下のサインを見逃すな!

 

・口内炎ができやすい

 

・風邪をひきやすい

 

・風邪が治りにくい

 

・肌荒れがひどい

 

・湿疹ができている

 

・傷が治りにくい

 

・便秘や下痢をしやすい

 

・身体が冷えている

 

・眠れない

 

・笑う気分になれない

 

 

 

以上の項目に当てはまる場合、

あなたの【免疫力】

低下しているということになります。

 

 

 

 

 

 

免疫力を低下させている原因とは!?

 

 

まずは、あなたの免疫力低下の要因をチェックしてみましょう!

 

 

深夜に起きていることが多い

 

お風呂はシャワーだけで済ませている

 

平熱が36.0度以下である

 

集中力が続かない

 

出不精で外出しない

 

食欲がない

 

食べるスピードが速い

 

つい食べ過ぎてしまう

 

食事は基本的に一人で食べている

 

肉や魚をほとんど食べない

 

ヨーグルトや納豆など発酵食品が苦手

 

タバコやお酒、好きな食べ物を我慢している

 

緊張感のない生活をしている

 

几帳面で完璧をめざしたいタイプ

 

笑うことがあまりない

 

人とおしゃべりするのが嫌い

 

腹を割って話せる友人がいない

 

悲しいこと、嫌なことをいつまでも引きずってしまう

 

一日中、パソコンに向かったり、スマホの画面を見ている

 

これといった趣味がない

 

 

 

以上の項目でチェックを行い、

該当する項目の改善

実施しましょう!

 

 

 

 

 

 

あなたの体調不調、、

(だるい、眠たい、トイレが近い…。)

 

 

腸内環境を整えちゃうと、

カラダの中の不要物が

スッキリしちゃうし、

イキイキ感が半端ない!

 

 

あなたの毎日の

【元気】のために!

できること♪😉✨

 


 

カラダにやさしい♪

うれしい本物ダイエット効果!😉✨

 

 

 

 

 


免疫力をアップさせる食材とは!?

 

 

【慢性疲労】

 

・にんじん・バナナ・じゃがいも・玉ねぎ

・キャベツ・アーモンド・レモン

・オレンジ・酢・ニンニク・牛肉・豚レバー

・ヨーグルト・鶏レバー・ひじき・あさり

・しじみ・ホウレンソウ・牛レバー・小松菜

 

 

 

 

 

【口内炎】

 

・にんじん・バナナ・納豆・チーズ・ウナギ

・鶏レバー・豚レバー・牛レバー・春菊・にら

・小松菜・ホウレンソウ・キウイ・いちご

・ブロッコリー・サバ・ウナギ・サンマ

 

 

 

 

 

【アレルギー】

 

・玉ねぎ・トマト・ヨーグルト・えのきだけ

・しそ・緑茶・紅茶・ごま

 

 

 

 

 

【風邪】

 

・ショウガ・じゃがいも・玉ねぎ・キャベツ

・トマト・ヨーグルト・レモン・ニンジン

・オレンジ・ホウレンソ・酢・ニンニク

・からし・ブロッコリー・カリフラワー

・鶏レバー・豚レバー・牛レバー・ウナギ

・にら・ネギ

 

 

 

 

 

【冷え性】

 

・ショウガ・納豆・じゃがいも・バナナ

・キウイ・ネギ・タバスコ・七味唐辛子

・わさび・トウガラシ・コショウ・ニンニク

・豚レバー・鶏レバー・あさり・しじみ

。ホウレンソ・小松菜・しそ・ニンジン

 

 

 

 

 

【肌荒れ】

 

・ニンジン・じゃがいも・キャベツ・わかめ

・納豆・ネギ・オリーブオイル・豚レバー

・小豆・ショウガ・玉ねぎ・トマト・かつお節

・チーズ・キウイ・オレンジ・レモン・リンゴ

・ごま

 

 

 

 

 

【整腸作用】

 

・バナナ・じゃがいも・ヨーグルト・納豆

・ショウガ・梅干し・ニンジン・ニンニク

・チーズ・オリゴ糖・アーモンド・牛乳

・リンゴ・ひじき・キウイ・小豆・寒天

・こんにゃく

 

 

 

 

 

【免疫細胞の活性化】

 

・牛肉・豚肉・鶏肉・ベーコン・ハム・納豆

・イワシ・サバ・カツオ・鮭・アジ・サンマ

・バナナ・ブロッコリー・キャベツ

・カリフラワー・トマト・ニンジン・カボチャ

 

 

 

 

 

【デトックス】

※デトックスとは!?

体内に溜まった毒物を排出させることです。

 

・ニンジン・玉ねぎ・トマト・わかめ

・バナナ・ニンニク・リンゴ・アボカド

・しそ・わさび・ホウレンソ

 

 

 

 

 

【シミ・ソバカス・くすみ】

 

・レモン・パセリ・白木クラゲ

 

 

 

 

 

【イボ】

 

・はと麦・なす

 

 

 

 

 

【胃痛・胃炎】(胃潰瘍)

 

・アスパラガス・白菜・豆腐

 

 

 

 

 

【不眠】

 

・玉ねぎ・チンゲン菜・牡蠣

 

 

 

 

 

 

【食欲不振】

 

・枝豆・カボチャ・とうもろこし

 

 

 

 

 

 

【精神疾患うつ・いらいら・不安)

 

・らっきょう・サツマイモ・みかん

 

 

 

 

 

 

【老化防止・アンチエイジング】

 

※アンチエイジングとは!?

加齢による身体の機能的な衰え(老化)を

可能な限り小さくする

(いつまでも若々しく…。)ことである。

 

・トマト・ブリ・納豆

 

 

 

 

 

【精力減退】

 

・アスパラガス・レンコン・クルミ

 

 

 

 

 

 

【頻尿・尿の出が悪い】

 

・海苔・スイカ・銀杏

 

 

 

 

 

【白髪・抜け毛】

 

・モロヘイヤ・ブロッコリー・黒ゴマ

 

 

 

 

 

【耳鳴り】

 

ワカメ・黒豆・クルミ

 

 

 

 

 

【口臭・口内炎】

 

・ニンジン・バナナ・納豆・チーズ・ウナギ

・鶏レバー・豚レバー・牛レバー・春菊・にら

・小松菜・ホウレンソウ・キウイ

・ブロッコリー・いちご・サバ・ウナギ

・サンマ・なす・キャベツ

 

 

 

 

【疲れ目・充血】

 

・セロリ・あさり・春菊・なす・キャベツ

 

 

 

 

 

【肩こり】

 

・そら豆・サンマ・大根・なす・キャベツ

 

 

 

 

 

【腰痛】

 

・オクラ・サバ・にら

 

 

 

 

 

【関節炎・関節リウマチ・神経痛】

 

・うど・さやいんげん・ショウガ

 

 

 

 

 

以上、

あなたの体調状態に合わせて、

摂取する食べ物を積極的に

選択してみてはいかがでしょうか…。

 

 

 

 

 

 

カラダにやさしい♪

カラダの芯から元気にする!😉✨


 

 

 

 

 

 

あなたの体調不調、、

(だるい、眠たい、トイレが近い…。)

 

 

腸内環境を整えちゃうと、

カラダの中の不要物がスッキリしちゃうし、

イキイキ感が半端ない!😉✨

 

 

あなたの毎日の

【元気】のために!

できること♪😉✨🌠



 

 

 

 

 

みるみる元気になる!

免疫力をアップさせる生活習慣・10箇条とは!?

 

 

 笑うこと免疫力アップを図れる!

 

 

免疫力をアップさせる最も手軽で効果的な方法は笑うことです。

 

笑うことで、NK細胞の活性が上がったという実験報告があります。

 

笑うことで、セロトニンなどの脳内情報伝達物質が分泌され、ストレスに強い状態が生まれて免疫力強化につながります。

 

 

 

 

 質の高い睡眠免疫力アップ

 

 

夜の10時~深夜2時は、がん細胞などを撃退してくれるNK細胞の働きが1日のうちで最も弱まります。

 

免疫力が低いこの時間帯にストレスを受けたり、身体を酷使していると病気のリスクが高まります。

 

 

また、NK細胞年齢とともに働きが低下しますので、40歳以上の方の夜更かし徹夜病気のもとです。

 

 

 

 

 

③ 体温 36.5度キープする!

 

 

免疫力は、身体の中心部の「体内温度」が37度以上の時、最も活発に活動します。

 

そして、36度未満で、とても弱くなります。

 

 

これを皮膚体温に置き換えた時、免疫力強化には、平熱が36.5度以上であることが必要です。

 

 

逆に35.5度以下では、免疫機能が上手く働かず病気にかかりやすいです。

 

 

 

 

体温を上げる最も効果的な方法は、筋肉を増やすことです!

 

身体が生み出す熱の30~40%は筋肉で作られています。

 

 

筋肉量を増やせば、平熱を上げることが可能です!

 

 

 

 

 

体温を上げると、みるみる元気になれる

 

 

筋トレをする。

 

湯船につかる。

 

冷たいものは食べない、飲まない。

 

よく噛んで食べる。

 

栄養バランスの良い食事を摂り、肝機能をアップさせる。

 

長時間の冷房を避ける。

 

 


冷え取り健康法ランキング

 

 

 

 ストレスを溜め込まない

 

 

過度なストレスを受けると、NK細胞の働きが弱まり、免疫力が低下します。

 

こうあったらいいという状況をイメージし続けるとNK細胞の働きが活性化します。

 

 

 

 

 

 

 

あなたの体調不調、、

(だるい、眠たい、トイレが近い…。)

 

 

腸内環境を整えちゃうと、

カラダの中の不要物が

スッキリしちゃうし、

イキイキ感が半端ない!

 

 

あなたの毎日の

【元気】のために!

できること♪



 

 

 

 

最近、どうもトイレが近いんですよね~~  !Σ( ̄□ ̄;)

 

今ならお試し15日分が、

たったのこれだけ!?

超お得です♪ 😉✨🌠

↓ ↓ ↓



いずれにしても、

やってみたらいいんじゃないですか? 😉✨

 

 

 

 

 

 

ストレスを溜めないためには!?

 

 

・自分自身をほめる

 

・体を動かす

 

好きな歌歌う

 

・適度に休む

 

熱中できる趣味や作業を見つける

 

明るく前向きな人と付き合う

 

・友人などに悩みを聴いてもらう

 

気分が良くなること具体的にイメージする

 

 

 

 

 

 

 下半身をしっかりと温める

 

 

冷えを防ぐことが免疫力アップのカギです。

 

冷たい空気は下に溜まるので、冷え対策足元が肝心です!

 

足の血行を良くすることで、全身の血流が改善され、免疫力アップとなります。

 

 

 

 

 

足元を温めるには!?

 

 

足首が隠れる靴下をはく

 

膝掛け使う

 

内側が温かい靴を履く

 

カイロを使う (靴の中に居れるタイプの使い捨てカイロ)

 

 

 

 

 

 

ぬるめのお湯(40度)

半身浴20分

 

 

ぬるめのお湯にゆっくり浸かると、

身体の内部の冷えがとれ、

全身の血行が良くなり、

NK細胞の働きが活性化します。

 

40度のお湯20分程度浸かることです♪

 

みぞおちまでの半身浴だと、心臓への負担も減らせます♪

 

 

 

 

 

 

 

あなたの体調不調、、

(だるい、眠たい、トイレが近い…。)

 

 

腸内環境を整えちゃうと、

カラダの中の不要物

スッキリしちゃうし、

イキイキ感が半端ない!😉✨

 

 

あなたの毎日の

【元気】のために!

できること♪😉✨🌠



 

 

 

 

 薬頼り過ぎない

 

 

私たちの身体には、もともと自分で病気を治そうとする力自然治癒力が備わっています。

 

には、病気の症状を改善する作用がある反面、副作用もあります。

 

 

病気になったら薬を飲むのが当たり前というのは誤った認識です!

 

なので、

 

医師や薬剤師に相談して、できるだけ薬の量を抑える方向にもっていくのが望ましいです。

 

 

 

 

 

ラクラク健康法♪

カラダにやさしい♪

ウォーターパワー!😉



 

 

 

 

 

 一口30回以上噛んで免疫力アップ

 

 

唾液に含まれている「ペルオキシターゼ」という酵素は様々な種類の「発がん性物質」に作用し、がんの発生を抑制する効果があるといわれています。

 

また、「ぺルオキシターゼ」は活性酸素を除去する抗酸化力があります。

 

効果を得るには食物を30秒以上唾液に浸すことが必要とされているので、一口当たり30回以上噛むこと大切なポイントです。

 

 

また、噛めば噛むほど身体の作り出す熱が増えて体温が上昇し、NK細胞の活性化に繋がります。

 

 

 

一口30回以上噛むことの効用

 

 

がんを予防する!

 

免疫力アップ

 

・脳を活性化し、認知症を予防する!

 

・満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防止する!

 

歯周病の予防

 

・食いしばる力を鍛え、体力向上

 

 

 

 

 

 免疫力アップの食事の基本とは!?

 

 

腹八分目を厳守する!

 

タンパク質をしっかり摂る!

 

・コレステロール値低くなり過ぎないようにする!

 

コレステロール値が高いほど、

NK細胞の活性が高く、

低いほど死亡率が高まる

という調査報告がされています!

 

摂り過ぎを気にし過ぎて、肉や卵を避けるとタンパク質不足となり、免疫力低下を招いてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 適度な運動免疫力アップ

 

 

適度な運動は健康維持・免疫力アップに役立ちますが、激しい運動は、がんや老化の原因となる活性酸素大量に発生させ、免疫力も低下させてしまいます!

 

 

朝の運動は危険!

 

朝起きたばかりの状態は、血液がドロドロ状態で心筋梗塞などを起こしやすいです!

 

なので、

 

40歳を迎えたら、特に冬の朝のジョギング・早朝ゴルフなどは避けた方がいいです。

 

 

更に、60歳を迎えたら

軽いウオーキング&ラジオ体操などの軽い運動で十分です。

 

 

あと、、

 

人と競うとストレスが溜まります。

 

ストレス免疫力低下の元ですので、

楽しむことが大切です♪

 

 

 

 

 

 

 ※健康は良質な睡眠から・・・😉✨😴🍀



心地のいいマットレス♪

オールシーズン快適に過ごせる!😉✨

 

 

 

 

 

 

毎日頂くお水だから♪

妥協しないでください!😉



この機会にどうぞ!😉

 

 

 

 

 

 

 1日15分の日光浴免疫力アップ

 

 

朝起きたらすぐに部屋のカーテンを開けて、

太陽の光を浴びましょう♪

 

視神経から太陽の光の刺激が脳に伝わり、

全身に「覚醒スイッチ」が入ります♪

 

 

そして、「自律神経」が整い

免疫力アップ」へと繋がります。

 

 

また、

 

脳内ホルモンの一種である「セロトニン」が放出され、うつ病不眠症予防にも効果があります。

 

 

あと、

 

 

太陽の光を浴びることで、「ビタミンD」が生成され「骨粗しょう症」の予防にもなります。

 

 

 

 

食べて治す、健康にいい食べ物とは!?

の記事も、ご覧ください♪😉✨

 

 

 

 

 

 

あと、正しい水分補給、健康には欠かせないですよ~♪

キモです!😉✨

 

 

 

 

 

あなたの体調不調、、

(だるい、眠たい、トイレが近い…。)

 

 

腸内環境を整えちゃうと、

カラダの中の不要物が

スッキリしちゃうし、

イキイキ感が半端ない!😉

 

 

あなたの毎日の

【元気】のために!

できること♪😉✨🌠



 

 

 

 

 

 

最近、

トイレが近いんですよね~~ !Σ( ̄□ ̄;)

 

今なら、、

超お得15日分

 

たったのこれだけで、

 

試せるんですよ~♪ 😉✨🌠

↓ ↓ ↓



いずれにしても、

やってみたらいいんじゃないですか?😉✨🌠

 

 

 

 

 

お見逃しなく!

この内容、この価格!

ぜひあなたの目で確かめて!😉✨🌠



 

 

 

 

 

 

 ※ 健康良質な睡眠から・・・😉✨😴🌠

カラダにやさしい♪

はじめませんか!?

カラダにうれしいマットレス♪😉✨🌠

 

 

【免疫力アップ】みるみる元気になる生活習慣10箇条とは!?

免疫とは?

 

空気中には目に見えない、ウイルス、ホコリ、細菌、花粉などがいます。

 

それらを吸い込んでしまっても病気にならないのは、免疫力が備わっているからです。

 

私たちの体内にウイルスや細菌などが侵入した時に、自分自身が本来持っている細胞とは異なるものと判断し、排除しようとします。

 

そうすることで私たちの身体を守って正常に保つ働きをします。

 

免疫力は「免疫細胞」の働きによって成り立っています。

 

免疫細胞とは、血液中に含まれる「白血球」です。

 

血管内をパトロールしながら、病原体が入り込まないように見張っています。

白血球の免疫細胞には「顆粒球」「リンパ球」「単球」の3種類があります。

 

 

 

 

 

 

有害物質を排除する3つの白血球とは!?

 

➀まず、「顆粒球」の中の「好中球」・「単球」の中の「マクロファージ」が血流に乗って全身をパトロールします。

 

細菌を見つけると、飲み込んでやっつけます!!

 

戦い終わった好中球の残骸が「」です。

 

 

 

➁また、「リンパ球」の「B細胞」・「T細胞」の中の「ヘルパーT細胞」と「キラーT細胞」が、侵入してきた「抗原」に攻撃をしかけます!!

 

そして「T細胞」の中の「サプレッサーT細胞」が攻撃終了を確認・合図します。

 

 

③最後に、「リンパ球」の「NK細胞」(ナチュラルキラー細胞)は強い殺傷力を持ちます!!

 

毎日5000個発生するといわれる「がん細胞」を見つけて攻撃し、そして死滅させます!!

 

また、ウイルス感染で変異した細胞無毒化します!♪

 

 

 

 

 

免疫力は自律神経に左右される!♪

 

自律神経系は内臓や血管など全身に分布しており、呼吸、消化、循環、分泌などをコントロールしています。

 

 

自律神経は、興奮、緊張時などに働く交感神経」と、休憩や睡眠時など心がリラックスしている時に働く副交感神経」の2つから成り立っています。

 

 

私たちは普段、無意識に、この2つのバランスを取りながら生活をしています。

 

 

しかし、このバランスが崩れると、心身に変調をきたし始めます。

 

これが、「自律神経失調症」です。

 

 

 

自律神経失調症主な症状とは!?

 

・関節の痛み

 

・呼吸困難

 

・多汗

 

・手足の冷え

 

・ふらつき

 

・まぶたの痙攣

 

・耳鳴り

 

・めまい

 

・イライラ

 

・肩こり

 

・口の渇き

 

・頭痛

 

・動悸

 

・不眠

 

・不整脈

 

・下痢、便秘、頻尿

 

・食欲過多

 

・食欲不振

 

 などの症状が現れます。

 

 

 

 

自律神経の状態体の反応

 

・血圧

緊張する:上がる

リラックス:下がる

 

 

・血管

緊張する:収縮する

リラックス:拡張する

 

 

・血流

緊張する:停滞する

リラックス:スムーズである

 

 

・顆粒球

緊張する:多い

リラックス:少ない

 

 

・リンパ球

緊張する:少ない

リラックス:多い

 

 

 

※体内の顆粒球&リンパ球の割合は、6:4 です。

 

 

しかし、ストレスや怒りで交感神経が優位になると

顆粒球の割合が大きくなります。

 

 

リンパ球が減るとNK細胞が減ってしまいます!!

 

これにより、免疫力が低下してしまいます。

 

 

 

 

 

免疫力アップのカギは腸内環境を整えること!♪

 

小腸大腸を合わせて「腸管」といいます。

 

ここには体内の免疫細胞の70%が集まっています。

 

まず、小腸には大量のリンパ球が存在し、ウイルスなどに反応して活性化すると、血流にのって全身のリンパ球を活性化させます。

 

また、腸に戻ってNK細胞も活性化させます。

 

 

一方で、大腸には小腸ほどの免疫細胞はありませんが、大量の腸内細菌が存在してます。

 

 

この腸内細菌には、身体にとって良い働きをする「善玉菌」、悪影響を及ぼす「悪玉菌」、そのどちらでもない、「日和見菌」の3種類が存在します。

 

 

悪玉菌善玉菌より増えると、腸内に「有毒物質」が増えて病気発症の原因になります。

 

 

なので、腸の中の善玉菌の数を増やして、悪玉菌より多い状態にすれば、病気になりにくい身体になるということです!♪

 

 

また、「善玉菌」は「有害物質」を中和するだけでなく、「ビタミン類の合成」「便秘解消」「コレステロールの排出など多様な働きをします。

 

 

 

 

 

腸内細菌は3種類!♪

 

腸内細菌のうち「善玉菌」:15%・「悪玉菌」:15%・残る70%が「日和見菌」です。

 

 

理想の割合は、「善玉菌」:20%・「悪玉菌」:10%・「日和見菌」:70% です!!

 

 

 

 

善玉菌ビフィズス菌・乳酸菌など

 

身体に有用な物質を作り出し、腸内の有害物質を無毒化する。

また、腸内を酸性に導き、「腸管免疫」を活性化させます。

 

 

 

悪玉菌ウェルシュ菌・大腸菌・ピロリ菌など

病気の原因となる「有害物質」を作り出します。

また、腸内をアルカリ性にして、免疫力を下げてしまいます。

 

 

 

日和見菌バクテロイデスなど

 

通常は無害だが、免疫力が落ちると悪玉菌側に働いてしまう!!

 

 

 

 

 

善玉菌を優位にする2つの方法とは!?

 

 

 水溶性食物繊維を食べる

 

海藻類:寒天・ひじき・めかぶ・ワカメ・もずく・昆布

 

果物類:キウイ・バナナ・リンゴ・レモン・柿・桃・イチゴ

 

野菜類:ゴボウ・アボカド・オクラ・モロヘイヤ・春菊

 

豆類:納豆・きなこ

 

 

 

 

➁ プロバイオティクス食品を食べる。

 

プロバイオティクスとは、生きたまま腸に届き、身体にとってプラスに働く物質や食品のことです。

 

細菌を殺す抗生物質アンチバイオティクス)とは異なり免疫システムを強化して抵抗力を高めます。

 

 

プロバイオティクス食品

 

乳酸菌納豆菌などの善玉菌

ヨーグルト漬物を摂ることで善玉菌が増える!♪

 

 

 

 

 

基礎代謝免疫力との関係!♪

 

基礎代謝とは、呼吸や体温調節に必要なエネルギー代謝のこと。

 

私たちの1日の消費エネルギーの70%基礎代謝が占めています。

 

 

基礎代謝低い人は、低体温の傾向があります。

 

・食べる量が多くないのに太りやすい。

 

・寝ても疲れが取れない。

 

冷え性

 

風邪をひきやすい。

 

などの症状が出やすいです。

 

 

※人間の体は、体温が「1度下がるごとに」免疫力が約30%・基礎代謝が約12%低下するといわれています。

 

 

基礎代謝も免疫力と同様、20歳をピークにどんどん減少していきます。

 

 

 

 

 

基礎代謝が悪くなると…

・胃腸の動きが鈍くなり、老廃物が排泄されず吹き出物クマなどの肌トラブルが発症します。

 

 

・血流が悪くなり、水や老廃物が溜まって、むくみ体質になります。

 

 

セルライトができ、リンパや血管が詰まりやすくなり、身体が冷えます。

 

 

セルライトとは、皮下の脂肪細胞同士が付着すること。

 

 

また、脂肪細胞に老廃物が付着して固まったものです。

 

 

大きくなると、皮膚の表面が凸凹になります。

 

 

太もも・お尻・下腹部にできやすい。

 

 

血行不良になり、冷えやむくみの原因にもなります。

 

 

 

 

 

 

基礎代謝を上げるためには…

 

・ジョギング・ウォーキング・水泳・ストレッチ・サイクリング・ヨガ などの「有酸素運動」をすることで、基礎代謝が高まります。

 

 

 

 

 

最近、トイレが近いんですよね~~  !Σ( ̄□ ̄;)

 

今ならお試し15日分

たったのこれだけ!?

 

超お得です♪(^^;  

↓ ↓ ↓ 


 

 

 

 

みるみる元気になる!免疫力をアップさせる生活習慣・10箇条とは!?

 

 

笑うこと免疫力アップを図れる!♪

 

 

免疫力をアップさせる最も手軽で効果的な方法は笑うことです。

 

笑うことで、NK細胞の活性が上がったという実験報告があります。

 

笑うことで、セロトニンなどの脳内情報伝達物質が分泌され、ストレスに強い状態が生まれて免疫力強化につながります。

 

 

 

 

質の高い睡眠免疫力アップ!♪

 

夜の10時~深夜2時は、がん細胞などを撃退してくれるNK細胞の働きが1日のうちで最も弱まります。

 

免疫力が低いこの時間帯にストレスを受けたり、身体を酷使していると病気のリスクが高まります。

 

 

また、NK細胞は年齢とともに働きが低下しますので、40歳以上の方の夜更かしや徹夜は病気のもとです。

 

 

 

 

 

体温 36.5度をキープする!♪

 

免疫力は、身体の中心部の「体内温度」が37度以上の時、最も活発に活動します。

 

そして、36度未満で、とても弱くなります。

 

 

これを皮膚体温に置き換えた時、免疫力強化には、平熱が36.5度以上であることが必要です。

 

 

逆に35.5度以下では、免疫機能が上手く働かず病気にかかりやすいです。

 

 

体温を上げる最も効果的な方法は、筋肉を増やすことです!♪

 

身体が生み出す熱の30~40%は筋肉で作られています。

 

 

筋肉量を増やせば、平熱を上げることが可能!♪です。

 

 

 

 

体温を上げると、みるみる元気になれる!!

 

筋トレをする。

 

湯船につかる。

 

冷たいものは食べない、飲まない。

 

よく噛んで食べる。

 

栄養バランスの良い食事を摂り、肝機能をアップさせる。

 

長時間の冷房を避ける。

 

 


冷え取り健康法ランキング

 

 

ストレスを溜め込まない!♪

 

過度なストレスを受けると、NK細胞の働きが弱まり、免疫力が低下します。

 

こうあったらいいという状況をイメージし続けるとNK細胞の働きが活性化します。

 

 

 

 

 

 

最近、どうもトイレが近いんですよね~~  !Σ( ̄□ ̄;)

 

今ならお試し15日分が、

たったのこれだけ!?

 

超お得です♪ (^^;

↓ ↓ ↓



 

 

 

 

ストレスを溜めないためには!?

 

・自分自身をほめる!♪

 

・体を動かす!♪

 

好きな歌歌う!♪

 

・適度に休む!♪

 

熱中できる趣味や作業を見つける

 

明るく前向きな人と付き合う

 

・友人などに悩みを聴いてもらう!♪

 

気分が良くなること具体的にイメージする!♪

 

 

 

 

 

 

下半身をしっかりと温める!♪

 

冷えを防ぐことが免疫力アップのカギです。

 

冷たい空気は下に溜まるので冷え対策は足元が肝心です!!

 

足の血行を良くすることで、全身の血流が改善され、免疫力アップとなります。

 

 

 

足元を温めるには!?

 

足首が隠れる靴下をはく

 

膝掛けを使う

 

内側が温かい靴を履く

 

カイロを使う (靴の中に居れるタイプの使い捨てカイロ)

 

 

 

 

 

ぬるめのお湯(40度)で半身浴20分!♪

 

ぬるめのお湯にゆっくり浸かると、身体の内部の冷えがとれ、全身の血行が良くなり、NK細胞の働きが活性化します。

 

40度のお湯に20分程度浸かることです。

 

みぞおちまでの半身浴だと、心臓への負担も減らせます!♪

 

 

 

 

 

 

に頼り過ぎない!!

 

私たちの身体には、もともと自分で病気を治そうとする力自然治癒力が備わっています。

 

には、病気の症状を改善する作用がある反面、副作用もあります。

 

病気になったら薬を飲むのが当たり前というのは誤った認識です。

 

なので、医師や薬剤師に相談して、できるだけ薬の量を抑える方向にもっていくのが望ましいです。

 

 

 

 

 

 

一口30回以上噛んで免疫力アップ!♪

 

唾液に含まれている「ペルオキシターゼ」という酵素は様々な種類の「発がん性物質」に作用し、がんの発生を抑制する効果があるといわれています。

 

また、「ぺルオキシターゼ」は活性酸素を除去する抗酸化力があります。

 

効果を得るには食物を30秒以上唾液に浸すことが必要とされているので、一口当たり30回以上噛むことが大切なポイントです。

 

 

また、噛めば噛むほど身体の作り出す熱が増えて体温が上昇し、NK細胞の活性化に繋がります。

 

 

 

一口30回以上噛むことの効用

 

がんを予防する

 

免疫力アップ!♪

 

・脳を活性化し、認知症を予防する

 

・満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防止する

 

歯周病の予防!♪

 

・食いしばる力を鍛え、体力向上!♪

 

 

 

 

免疫力アップ食事の基本とは!?

 

腹八分目を厳守する!!

 

タンパク質をしっかり摂る。

 

コレステロール値が低くなり過ぎないようにする!!

 

コレステロール値が高いほど、NK細胞の活性が高く、低いほど死亡率が高まるという調査報告がされています!!

 

摂り過ぎを気にし過ぎて、肉や卵を避けるとタンパク質不足となり、免疫力低下を招いてしまいます。

 

 

 

 

 

 

適度な運動免疫力アップ!♪

 

適度な運動は健康維持・免疫力アップに役立ちますが、激しい運動は、がんや老化の原因となる活性酸素を大量に発生させ、免疫力も低下させてしまいます!!

 

 

朝の運動は危険!!

 

朝起きたばかりの状態は、血液がドロドロ状態心筋梗塞などを起こしやすいです!!

 

 

なので、40歳を迎えたら、特に冬の朝のジョギング・早朝ゴルフなどは避けた方がいいです。

 

 

更に、60歳を迎えたら、軽いウオーキング&ラジオ体操などの軽い運動で十分です。

 

 

あと、人と競うとストレスが溜まります。

 

ストレスは免疫力低下の元ですので、楽しむことが大切です!♪

 

 

 

 

 



※健康は良質な睡眠から・・・

 

 

 

 

 

 

 

1日15分の日光浴免疫力アップ!♪

 

 

朝起きたらすぐに部屋のカーテンを開けて、太陽の光を浴びましょう!♪

 

視神経から太陽の光の刺激が脳に伝わり、全身に「覚醒スイッチ」が入ります!♪

 

 

そして、「自律神経」が整い「免疫力アップ」へと繋がります。

 

 

また、脳内ホルモンの一種である「セロトニン」が放出され、うつ病不眠症予防にも効果があります。

 

 

あと、太陽の光を浴びることで、「ビタミンD」が生成され「骨粗しょう症」の予防にもなります。

 

 

 

 

食べて治す、健康にいい食べ物とは!?の記事も、

 

みてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

あと、正しい水分補給、健康には欠かせないですよ~♪

 

 

 

 

 

最近、トイレが近いんですよね~~ !Σ( ̄□ ̄;)

 

今なら、超お得15日分

 

たったのこれだけで、

 

試せるんです♪ \(^o^)/

↓ ↓ ↓



 

 

 

 

 

 

 

 

 ※ 健康は良質な睡眠から・・・


 

 

 

 

 

 

免疫力をアップさせる食材&摂り方!♪

 

 

・ヨーグルト(発酵食品)

免疫力アップには腸内の乳酸菌を増やすことが大切です!♪

 

乳酸菌胃酸に弱いため食後30分以内に空腹を避け、食後スグに食べるのがベスト!♪

 

 

免疫力アップのポイント~

 

 

1日200~300g、毎日食べる!♪

 

 

※乳酸菌は腸内に定着しないので、毎日摂ることが必要です。

 

 

腸内乳酸菌の量を保つためには毎日200~300g食べること!♪

 

 

はちみつ・バナナと一緒に摂る!♪

※大腸でビフィズス菌のエサとなる「オリゴ糖」と一緒に摂るのが効率的!♪

 

 

オリゴ糖」を多く含む「はちみつ」、「バナナ」ならヨーグルトとの相性も抜群です!♪

 

 

 

 

 

 

 

・漬物(発酵食品)

ぬか漬け、キムチなどは「ビフィズス菌ロングム」などの「植物性乳酸菌」から作られる発酵食品です。

 

 

植物性乳酸菌」は生きたまま腸に届きやすく、効率的に腸内環境を整えてくれます。

 

 

 

免疫力アップのポイント~

 

 

・キムチの汁も摂る!♪

 

 

キムチ乳酸菌だけでなく食物繊維も豊富です。

 

 

唐辛子、ニンニク、ショウガなども含まれていて、免疫力アップに欠かせない食品です。

 

 

それらの有効成分には「キムチの汁」にも含まれていますので「汁ごと」摂るのがポイントです!♪

 

 

 

・ぬか漬けは水洗いしない!!

 

 

ぬか漬けには「乳酸菌」が豊富です。

 

 

乳酸菌」は野菜から出た成分を食べて繁殖するので、野菜の表面に一番「乳酸菌」が多のです。

 

 

なので、ぬかは水洗いをせずに、「拭うように取ってから」食べるようにすると効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

・納豆(発酵食品)

納豆菌は、生きたまま腸に届きやすく、腸内環境を効率的に改善してくれます。

 

 

良質なたんぱく質や、粘膜を強化するビタミンB2」や「食物繊維」なども含んでいます。

 

 

また、大豆が発酵する過程で生み出される「ナットウキナーゼ」という酵素には「脳梗塞」や「心筋梗塞」を引き起こす血栓を溶かし、「血液をサラサラにする効果」があります。

 

 

この効果は、納豆を食べてから約8時間持続するそうです。

 

 

ですので、納豆を夕食に摂れば、夜間に発症率の多い「脳梗塞」などの「虚血性心疾患」の予防となります。

 

 

また、「血流」を良くすることで「認知症予防」にも繋がります。

 

 

 

免疫アップのポイント~

 

一日50g、食べる!♪

 

 

ピロリ菌の増殖を抑制するなどの健康効果があります。

毎日、摂る習慣にしましょう!♪

 

 

卵黄と一緒に摂る!♪

 

 

納豆卵黄には「レシチン」という脂質が含まれています。

 

 

レシチン」は神経細胞の要となる「シナプス」を作る物質で、「記憶力」や「集中力」を向上させる効果があります。

 

 

※納豆と一緒に「卵黄」を摂ることで、「認知症予防」の効果が更にアップします!♪

 

 

 

 

 

 

・きのこ類(野菜)

キノコ類は「食物繊維」を多く含んでいます。

 

 

なので、便通を改善する高い効果があります!♪

 

 

また、キノコ類は「低カロリー」なので、たくさん食べても「太る心配」がありません。

 

 

たっぷり頂いて、腸の中をキレイにしましょう!♪

 

 

腸がキレイになると「善玉菌」が増えて「免疫力アップ」します!♪

 

 

また、「食物繊維」の中には「βグルカン」と呼ばれる種類があり、これが「NK細胞を活性化」させて「がんの発生」を予防します。

 

 

 

~キノコの種類~

 

・しいたけ

がん予防の期待される「βグルカン」やコレステロール値を下げる成分も!♪

 

 

・しめじ

インフルエンザの症状を軽減するなど、「免疫力アップ」の効果が期待されます。

 

 

・なめこ

ぬめりは「ムチン」という「水溶性食」です。

善玉菌のエサとなり、腸内環境を正常に整えます!♪

 

 

・きくらげ

きのこ類の中でも「不溶性食物繊維」が非常に多く、便秘を解消します!♪

 

 

・まいたけ

マイタケ特有の成分が、「がんを抑制」。

血糖値を下げる」効果もあります。

 

 

 

免疫力アップのポイント~

 

・干しシイタケを摂る!♪

 

シイタケ」には「アトピー性皮膚炎」を改善する「レンチナン」コレステロール値を下げる「エリタデニン」などの「健康成分」も含まれます。

 

※長期保存可能な、「干しシイタケ」にも含まれます!♪

 

 

 

100度以下の熱短時間で調理する!♪

 

 

キノコ細胞壁」を壊して中の有効成分を効率的に摂るには、「100度以下の熱」で「短時間で調理」するのがポイントです。

 

 

 


便秘改善ランキング

 

 

・ブロッコリー(野菜)

 

老化の原因物質と戦う「ファイトケミカル」を多く含み、「活性酸素」を退治して、老化予防をしてくれます。

 

 

抗酸化力の強い「スルフォラファン」を含み、「抗酸化酵素の生成」を助け、その酵素が「活性酸素を除去」し、「発がん物質」などを「無毒化」します!♪

 

 

免疫力アップのポイント~

 

・ジュースやスムージーにして摂る!♪

 

スルフォラファン」を効率的に摂るには、ジューサーミキサーなどで細かく砕くのがお薦めです。

 

ジュースやスムージーにして摂れば吸収率もアップします!♪

 

 

 

茎の部分も捨てずに食べる!♪

 

ブロッコリーの茎には免疫力アップにつながる「ビタミンC」が豊富です。

 

細かく刻んだりして、捨てずに食べましょう!♪

 

 

 

 

 

 

 

・キャベツ(野菜)

キャベツには「NK細胞を活性化するビタミンC」を多く含んでいます。

 

 

最も含有量が多いのは外側の葉の部分」、その次が「芯の部分」です。

 

 

外側の葉の部分は是非食べたいところですが、農薬などの不安もあります。

 

お薦めなのは、「キャベツの芯の部分」です!♪

 

 

キャベツには胃や十二指腸の粘膜を修復するビタミンU(別名:キャベジン)、ファイトケミカルの一種で発がんを抑制するイソチオシアネート有毒物質を解毒するインドールなどの健康成分が含まれています。

 

 

これらも、ビタミンC同様、芯の部分に多く含まれています!♪

 

 

※キャベツの芯は捨てずに、細かく刻んだりして残さずに食べましょう!♪

 

 

 

 

 

 

 

・トマト(野菜)

体内の過剰な活性酸素を放置していると免疫細胞が傷つき、免疫力低下に繋がります。

 

 

この活性酸素を取り除く力が「抗酸化力」です。

 

 

リコピンの抗酸化力βカロテンの2倍ビタミンEの100倍もあります!♪

 

 

動脈硬化糖尿病の予防・改善発がん防止などの効果もあります!♪

 

 

リコピンはトマトが赤くなればなるほど増えていきますので、食べるんなら「真っ赤な完熟トマト」を選択しましょう!♪

 

 

更にトマトにはNK細胞を活性化するビタミンC」、や粘膜を修復するビタミンAに変化するβカロテン」も豊富です。

 

 

ビタミンCβカロテン自身も「ファイトケミカルの仲間」ですから「抗酸化力」も抜群です。

 

 

リコピンとの相乗効果で「アンチエイジング」にも威力発揮です!♪

 

 

 

免疫力アップのポイント~

 

と一緒に摂る!♪

 

リコピンは油と一緒に摂ると吸収率がアップします!♪

 

なので、サラダならオイルドレッシングをかけて頂きましょう!♪

 

また、熱にも強いので、煮込んで「トマトソース」などにしてもいいです!♪

 

 

 

乳製品と一緒に摂る!♪

 

乳製品に含まれる脂肪分がリコピンの吸収率を高めます!♪

 

 

朝食時にトマトジュースやトマトサラダを摂るんなら牛乳やチーズなどと一緒に頂きましょう!♪

 

 

粉チーズを振りかけたトマトサラダやトマト入りのクリームシチューなどもいいです!♪

 

 

 

 

 

 

 

・ニンジン(野菜)

ニンジン皮膚や粘膜のバリア機能を高めるビタミンA」と体内でビタミンAに変化する「βカロテン」が豊富です。

 

 

その「ビタミンA」&「βカロテン」のパワーにより、皮膚を強化し、細菌などの侵入をブロックします!!

 

 

また、ビタミンCも多く含んでおり、免疫力アップには欠かせません。

 

 

ビタミンAが不足すると肌や粘膜が乾燥し、バリア機能が低下してしまいます。

 

ニンジンには、バリア機能を高める「ビタミンA」、抗酸化作用を持つ「βカロテン」、そして、免疫力アップを高める「ビタミンC」も豊富です!♪

 

 

これらの健康成分のお陰で免疫力が向上し、若々しい美肌作りにも効果を発揮しています。

 

 

そして、これらの成分は「根の部分」だけでなく、「葉の部分」にも多く含まれています。

 

 

特にビタミンCに関しては根の部分の約4倍です!♪

 

 

また、骨粗しょう症の治療薬として利用されている「ビタミンK」多く含んでいます。

 

 

 

免疫力アップのポイント~

 

と一緒に摂る!♪

 

ビタミンA、βカロテン油で調理すると吸収率がアップします。

 

 

煮物にするときも、一度、油で炒めてから煮込むのがお薦めです。

 

生で食べる時は、オイルの入ったドレッシングを掛けましょう!♪

 

 

 

・調理は「高温・短時間」で!♪

 

ビタミンCは熱に弱いため、特に「葉の部分」は短時間で調理する「天ぷら」などがお薦めです!♪

 

 

 

皮はむかない食べる!♪

 

皮の部分には「βカロテン」などの「ファイトケミカル」が多く含まれています。

 

また、「食物繊維」も豊富なので、皮付きの状態で食べましょう!♪

 

 

 

 

 

 

・ニンニク(野菜)

ニンニクの元気パワーの源は幾種類もの「イオウ化合物」です。

 

このイオウ化合物が体内で「アリシン」などに変化し、「がん予防」や「血行促進」などに効果を発揮します!♪

 

 

また、アレルギー症状を緩和する「ビタミンB6」も豊富です。

 

 

ニンニクの臭いの元でもある「イオウ化合物」は優れた抗酸化作用を持つ「ファイトケミカル」の仲間です。

 

 

その中の「アイリン」は酵素の働きによって「アリシン」などに変化して、ビタミンB1ビタミンB6に働きかけ、免疫機能を維持します。

 

 

更に「スコル二ジン」という成分を生み出して代謝を高め、身体を温めてくれます!♪

 

 

また、「ジスルフィド類」というイオウ化合物には抗がん作用が認められています。

 

 

ただし、これらの成分はニンニクの細胞を壊さないと出て来ません!!

 

 

なので、調理の段階でニンニクを細かく刻んだり、すりおろしたり、潰したりしましょう!♪

 

 

そして、よく噛んで食べれば万全です!♪

 

 

壊れた細胞からイオウ化合物が出て、酵素などと反応し、様々な成分に変化して病気に負けない身体を作ってくれます!♪

 

 

 

免疫力アップのポイント~

 

疲労回復したい時は加熱調理する!♪

 

 

スコル二ジンアリシンが熱で分解されることによって生まれます。

 

スコル二ジンの抗酸化力はとても強く、身体を若返らせ、新陳代謝を盛んにして、疲労を回復させる効果があります!♪

 

 

 

豚肉、大豆と一緒に摂る!♪

 

アリシンにはビタミンB1の吸収率を高める作用があります。

なので、ビタミンB1を多く含む豚肉や大豆と一緒に食べることをおススメします!♪

また、ビタミンB1は皮膚や粘膜を強化して免疫力をアップしてくれます!♪

 

 

・すりおろしたら、10~15分置いてから!♪

 

アイリンは酵素の作用でアリシンに変化します。

 

潰したり、すりおろしたニンニクは10~15分置いてから使うと酵素が十分に働いてアリシンを多く摂ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

・玉ねぎ、ねぎ(野菜)

玉ねぎやねぎに含まれるアリシンにはコレラ菌にも効力を発揮するほどの強い殺菌作用があるといわれています。

 

また、アリシンビタミンB1の吸収促進効果が高いです。

 

ビタミンB1はエネルギーを作り出すために重要なビタミンで、不足すると疲れやすくなり、免疫力が損なわれます。

 

 

このビタミンB1は通常では消化吸収されにくいのですが、アリシンと結合すると「アリアチミン」という物質に変化して吸収率が高まります。

 

そして、血液中にも長くとどまって身体全体のパワーアップとなります!♪

 

 

また、ビタミンB1の豊富な豚肉アリシンの豊富な玉ねぎ・ねぎ一緒に摂ればビタミンB1が効率的に摂取できます!♪

 

 

 

免疫力アップのポイント~

 

・切った後、15分放置する!♪

 

アリシン加熱すると壊れてしまう性質があります!!

 

しかし、切ってから室温で15分放置しておくことでそれを防ぐことができます!♪

 

 

生で食べる時も切ってから15分空気にさらしておくとアリシンの効果がアップします。

 

 

特に、白ネギアリシンには、血糖値を下げ糖尿病予防にも効果があります。

 

 

にさらさない!!

 

にさらすとアリシンビタミンCなどの有効成分が流れ出てしまいます!!

 

 

 

 

 

 

・ゴボウ(野菜)

ゴボウのアクは抗酸化作用のあるファイトケミカルの一種です。

 

 

食物繊維が豊富で、腸内の善玉菌を増やす「イヌリン」、抗がん作用のある「リグニン」が免疫力を高めます!♪

 

 

ゴボウアクの強い野菜ですが、そのアクの元となっているのが「タンニン」や「クロロゲン酸」という「ファイトケミカル」です。

 

 

アクには強い抗酸化作用があり、老化やがんの原因となる「活性酸素」を取り除いて免疫力を高めてくれる大事な存在です!♪

 

 

そして、それらは中身よりも「皮の部分」に多く含んでいます。

 

 

また、には腸内環境を改善する食物繊維も多く含まれています。

 

 

リグニンのような抗がん作用のある成分も入っていますから、調理の際は皮は剝かずにタワシで擦るなどしましょう。

 

 

※切った後、水にさらすのも成分が流れ出てしまうので、アク抜きをする時も水で流す程度にしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

・ピーマン(野菜)

ピーマンに多く含まれるビタミンCは、マクロファージやNK細胞を活性化させる作用があり、風邪などの感染症予防となります。

 

ビタミンCは赤や黄ピーマンに多く、緑ピーマンの倍以上です。

 

 

βカロテンには強い抗酸化作用があり、血管の老化による生活習慣病やがんの予防に効果的です。

 

また、皮膚や粘膜の調子も整えて、病原菌もブロックしてくれます!♪

 

βカロテンが多いのは赤、>緑、>黄色の順です。

 

赤ピーマンの含有量は緑ピーマンの倍以上です。

 

また赤ピーマンは活性酸素を除去する「カプサイシン」、自律神経を整える「テルペン」も含みます。

 

 

 

 

 

 

 

・レンコン(野菜)

レンコンに含まれるタンニンクロロゲン酸は外敵に反応して体内で抗体が作られるのを抑え、免疫の過剰反応を抑制します。

 

花粉症に悩んでいる人にはおススメの食材です。

 

但し、即効性はなく、効果を得るには最低でも3か月は必要です。

 

 

毎日、25~30g程度を食べ続けると良いとされています。

 

また、レンコンには「ムチン」という粘り成分も含まれています。

 

ムチンは鼻やのど、胃などの粘膜を保護し、細菌やウイルスが体内に侵入するのを防ぎます。

 

 

抗酸化作用の強いビタミンCも豊富です!♪

 

 

 

 

 

 

 

・生姜(野菜)

寒い時期に身体を温める食材として活用されます。

 

ジンゲロンショウガオールという2つの辛み成分がWパワーで身体の冷えを予防します!♪

 

また、この2つ共に抗酸化作用があり、がんの発生要因となる活性酸素を除去する力があります!♪

 

 

ジンゲロンは生の生姜に存在し、手足の先の血管を広げて体温を上げる働きがあります。

 

 

更にジンゲロンの一部がショウガオールに変化すると、胃腸を刺激して身体の深部体温を上昇させます!♪

 

 

免疫力の要であるNK細胞は36.5度の体温で最も活性化します!♪

 

 

免疫力アップのポイント~

 

・生姜を乾燥させる!♪

 

有効成分を効果的に摂るにはショウガを乾燥させることです。

 

ジンゲロン乾燥によってショウガオールに変化します!♪

 

 

 

風邪のひき始めに生姜湯!♪

 

体温上昇効果だけでなく、抗酸化作用にも優れています。

 

普段から飲むことで免疫力アップを図る!♪

 

 

 

冷蔵庫に入れない!!

 

10度以下になると生姜に含まれている成分が減ってしまう!!

 

なので、冷蔵庫での保存は厳禁です!!

 

湿らせた新聞紙に包んで日の当たらないところで保存します。

 

 

 

 

 

以上、免疫力をアップさせて、毎日を元気に暮らしていくための参考になれば幸いです。

 

 

 

今日も一日、生かされていることに感謝です♪(^^♪

 

 

 

最後までお付き合い頂きまして、

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

PS

 

 

免疫力&代謝アップで元気になる♪

 

こちらも、ご覧くださいませ♪

 

 

 


人気ブログランキング

 

 


冷え取り健康法ランキング

 

 


便秘改善ランキング

【免疫力&代謝アップ♪】1日15分、カラダにやさしい㊙健康法!


冷え取り健康法ランキング

 

 

体温「36.5度」が、ベスト!

 

かつて、私たち日本人の平熱は36.8度でした…。

 

 

しかし、現代では、男女、年齢を問わず、平熱は「35度台」の人が殆んどです。

 

 

 

その主な原因は、

 

 

ストレス 

 

体を冷やす飲食物の取り過ぎ 

 

運動不足

 

 

などです。

 

 

 

※人間の体、内臓は体温が「36.5度」で正常に働くようにできています!

 

 

なので、現代人の「35度台」という低体温は、あらゆる病気を引き寄せてしまう環境化に身を置いているということになります。

 

 

体が冷えれば、内臓の働きが悪くなり、疲れが抜けにくくなったり、消化吸収が悪くなります。

 

 

また、がん細胞も「35度」という低体温でいちばん増殖することが判明しています。

 

 

 

その他、高血圧、糖尿病、高脂血症、肝臓病、心臓病、アレルギー、肥満、精神不調など、現代人の病気の原因のほとんどが「体の冷え」からきています。

 

 

 

 

人間の体は、体温が「1度下がるごとに免疫力が約30%、基礎代謝が約12%低下するといわれています。

 

 

 

なので、私たちの体温が「1度下がる」ごとに病気に掛かるリスクが30%高くなり、12%太りやすくなるということになります。

 

 

 

 

新陳代謝を上げて、体温を上げれば、病気になりにくくなり、痩せやすくなる!♪ということです。

 

 

 

約50年前の日本人の平均体温は、約36.8度だったそうです。

 

 

現代の平熱が「35度台」ですから、約1度、低下したことになります。

 

 

これは、私たちの生活環境が大きく影響しています。

 

 

移動手段一つとっても、交通網の発達、自家用車の増加、など、、歩くことも減りましたよね~。

 

 

結果的に、運動不足になり、ストレス発散不足、下半身の筋肉・筋力が低下…。

 

 

また、季節に関係なく、エアコンの普及で、夏でも、空調の効いた室内で足元から冷えていますし、冬でも、体を冷やす作用のある、南国の果物などを食べています。

 

時には真冬に暖房を効かせて、ビールをガンガン飲んだりもします…。 (>_<)

 

 

 

まずは、自分の「平熱」を測ってみましょう!♪

 

 

そして、自分の「平熱」を知っておくことが大切です!♪

 

 

※起床時、午前、午後、夜、の1日4回の体温を測り、時間ごとの平熱を知っておけば安心です。

1日1回の場合は、午前10時がベストです。)

 

 

 

 

 

体が冷えると出るサインとは?

 

 

自分の体は「冷え性」なのか?そうでないのか?は、「お腹の冷たさ」「汗の量」「むくみ」などから判断できます。

 

 

 

まず、体の中心である「お腹が冷えている」人は「冷え性」=「低体温」ということになります。

 

 

また、「汗をかく」というのは体内の余分な水分を捨てて体を温めようとする反応なので、十分に運動した後以外で大汗をかくのは冷え性」ということになります。

 

 

むくみ」の原因は「水」なので、むくむ人は「水毒傾向」があります。

 

 

 

視覚的に判断するには、「体表の毛細血管」の血液の滞りによって現れる、「瘀血」のサインがあります。

 

 

*目の下にクマが出来る 

 

*鼻の頭が赤い 

 

*赤ら顔 

 

*唇が紫っぽい 

 

*歯茎の色素沈着 

 

*クモ状血管腫 

 

*青あざが出やすい 

 

*手のひらが赤い 

 

*生理不順・不正出血 

 

*痔出血 

 

*下肢静脈瘤 

 

 

など…。

 

 

 

上記の現象をそのまま放置しておくと、以下のような体の不調現象が起こります。

 

 

 

 

頭痛、肩こり:(「冷え」「余分な水分」が原因。)

 

 

 

むくみ・たるみ:(細胞と細胞の間にたまった余分な水分が原因。)(体内の水分が多くなると、肥満、水太り、肩こりなどに…。)

 

 

 

便秘・下痢:(便秘は十分に腸が活動してないとき、下痢は血液中の毒物を排泄するために起こる。)

 

 

 

肥満(水太り):(体に水が溜まりすぎている「水毒」の状態。)

 

 

 

生理不順:(卵巣や子宮への血流が悪くなることによって起こる。)

 

 

 

うつ:(寒い季節や時間帯に発生しやすい。低体温が関係している場合もある。)

 

 

 

疲労:(唇が白くなったり、微熱が続いたり、爪に横筋が入ったりするのは、疲労のサイン。)

 

 

 

更年期障害:(下半身に存在すべき血や熱、気が行き場を失って上半身に上がってしまう「昇症」の状態。)

 

 

 

シミ・ソバカス:(黒色の色素、メラニンが原因。紫外線を浴びると過剰に作られ、肌の表面に浮き出たもの。)

 

 

 

 

 

 

 

体温による体の状態は?

 

 

36.5度:健康体・免疫力OK。

 

 

36.0度:体が震えることによって、体温を上げようとする。

 

 

35.5度:この状態が続くと、「排泄機能低下」「自律神経失調症」「アレルギー症状」が出る。

 

 

35.0度:「がん細胞」が最も増殖する温度。

 

 

34.0度:水難事故から救出後、生命の回復が出来るかどうかのギリギリの体温。

 

 

33.0度:冬山で遭難、凍死する前に「幻覚」が出てくる体温。

 

 

29.0度:瞳孔拡大。

 

 

27.0度死体の体温。

 

 

 

 

※私たちの体温は、一日の中で午前3時~5時最も低くなります。明け方に最も低くなる体温は、午後5時頃まで徐々に上昇して、午後2時~8時頃の体温が一番高くなります。(一日の最低体温最高体温の差は1度くらいです。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体の状態から分かること!?

 

 

※あなたの顔色は何色ですか!?(^^♪

 

 

 

・薄いピンク色:(健康体)

 

 

赤い:(高血圧、イライラ

 

 

紫がかった赤色:(全身の血行不順

 

 

白い:(貧血、肺の病気

 

 

黄~黒:(肝臓の病気)の恐れあり。

 

 

 

 

 

※お腹の冷えの状態は?:自分のお腹を触ってみて、確認してみましょう。

 

・お腹全体が温かければ「体温も温かい」(^^♪

 

 

・おへそから下が冷たい人は「血行が悪い」ことを示します。

 

 

 

 

 

 

 

あなたの体質は「陽性」?or陰性」?

 

                           

身長

(陽性体質)=低い  

(陰性体質)=高い

 

 

体格

陽性体質)=筋肉質 

(陰性体質)=ぽっちゃり

 

 

姿勢

(陽性体質)=背筋が伸びている

(陰性体質)=猫背

 

 

 

(陽性体質)=丸顔 

(陰性体質)=面長

 

 

髪 

(陽性体質)=薄くなる 

(陰性体質)=白髪になる

 

 

首 

(陽性体質)=太くて短い 

(陰性体質)=細くて長い

 

 

眼 

(陽性体質)=一重まぶたで細い

(陰性体質)=二重まぶたで大きい

 

 

肌色

(陽性体質)=赤~褐色 

(陰性体質)=白色~青い

 

 

 

(陽性体質)=大きくて張りがある

(陰性体質)=小さくてかすれる

 

 

話し方

(陽性体質)=速い、攻撃的

(陰性体質)=ゆっくり、穏やか

 

 

行動

(陽性体質)=速い、力強い

(陰性体質)=ゆっくり、弱々しい

 

 

性格

(陽性体質)=積極的、楽天的、明るい

(陰性体質)=消極的、悲観的、暗い

 

 

体温

(陽性体質)=高い 

(陰性体質)=低い

 

 

脈拍

(陽性体質)=速い 

(陰性体質)=遅い

 

 

血圧

(陽性体質)=高い 

(陰性体質)=低い

 

 

食欲

(陽性体質)=旺盛 

(陰性体質)=小食

 

 

便 

(陽性体質)=太い、硬い

(陰性体質)=軟便、便秘気味

 

 

尿 

(陽性体質)=色が濃い 

(陰性体質)=色が薄い

 

 

排尿回数

(陽性体質)=1日、5~6回

(陰性体質)=1日、8回以上or4回以下 

 

 

 

 

 

※上記のチェックで、自分が「陽性体質」なのか?「陰性体質」なのか?をまずは傾向を観ます。

 

 

 

 

陽性体質:かかりやすい病気:「がん」・「脳梗塞」・「心筋梗塞」などに注意!!

 

 

体温が高く、筋肉質でエネルギッシュだが、「がん」「脳梗塞」「心筋梗塞」などの「欧米型の病気」に掛かりやすい。

 

 

 

 

 

 

陰性体質かかりやすい病気:「肩こり」「低血圧」「アレルギー」「リウマチ」「うつ」などに注意!!

 

 

※体に水分が多いので、体が冷え、「肩こり」「低血圧」「アレルギー」「リウマチ」「うつ」などになりやすい。(致命的な病気は少ない。)

 

 

 

 

 

※ここで大切なのは、まず自分の体質を知ること!♪」

 

 

 

そして、体質に合わせて、出来るだけ「間性」に持っていくようにすることです。

 

 

 

 

例えば、陽性体質であれば、陰性食品を少し多めに摂ることを心掛ける!♪

 

 

逆に、陰性体質であれば、陽性食品を少し多めに摂ることを心掛けることです。

 

 

 

 

 

 

 

陽性食品」&「陰性食品」

 

陽性食品一般的に、赤、黒、橙などの濃い色(暖色)の食品。赤身の肉・チーズ・卵・たくあん・塩じゃけ・めんたいこ・海藻・紅茶・小豆・黒豆・根菜(ごぼう・人参・レンコン・生姜・山芋…)・梅干し・肉類・魚介類・日本酒・焼酎お湯割り・赤ワイン・梅酒・塩・味噌・醤油・黒砂糖など…。

 

 

 

 

陰性食品一般的に、青、白、緑、藍色といった青系統の色の食品。水・酢・牛乳・緑の葉菜・青汁・豆乳・白砂糖・白パン・化学調味料・緑茶・ビール・ウイスキー・コーラ・ジュース・コーヒー・ケーキ・スナック菓子・マヨネーズ・バナナ・植物油・パイナップル・マンゴー・トマト・柿・キウイ・レモン・スイカ・ナス・キュウリ・もやし・レタスなど…。

 

 

 

 

間性食品陽性・陰性のどちらにも偏らない食品。

 

穀物やイモ類など、私たちが主食としてきた食べ物です。

 

陽性食品の(赤・黒・橙)&陰性食品の(青・白)の中間色(黄色)であることが特徴です。

 

 

主な間性食品は、玄米・黒パン・そば・粟・ひえ・きび・とうもろこし・イモ・里芋・こんにゃく・かぼちゃ・納豆・大豆・小豆・ごま・イチゴ・リンゴ・ブドウ・サクランボなど…。

 

 

 

 

 

 

 

摂ることよりも出すこと大事!♪

 

現代では、「1日20品目!!」とか「3食しっかり食べる!!」「朝食は抜かない!!」など、「摂り入れる」ことに重きをおいてます。

 

 

しかし、高血圧高脂血症など、「溜まり過ぎ」が原因の病気もあります。

 

 

私たち人間は、発汗、頻尿、鼻水、下痢など、体内に過剰に溜まった水分・老廃物を体外に排泄することで、正常なバランスを保とうとしています。

 

 

 

※ 大切なのは、「摂り入れる前に出す!♪ことです。

 

 

 

デトックス効果(解毒)を高める方法!♪

 

朝食は「野菜ジュース」(人参・リンゴジュース)のみ。

 

朝食を抜くことで、排泄器官に血が十分に行き渡り、排泄を促進します。

 

 

 

 

呼吸法に気を付ける。

 

息を吐くと気が休まり、血行が良くなって体が温まるのは、リラックスを促す副交感神経の働きによるもの。

 

意識的に深く息を吐いて、吸う息は自然に入ってくるのに任せる。

 

 

 

下半身を温める。

 

腎臓や膀胱、大腸などの排泄に関わる器官は、下半身に集中しています

 

なので、働きを促すために、下半身を温めたり、下半身の筋肉を鍛えることが効果的です。

 

 

 

 

飲酒前に運動する。

 

お酒を飲む前にジョギングウオーキングサウナなどで、しっかりと汗をかいて体内の水分を排泄しておけば、めまいや吐き気などの二日酔い(水毒)の症状を防止することができます。

 

 

正しい水分補給で健康に成る方法もご覧になって

頂ければ幸いです♪

 

 

 

 

 

排泄力の高いもの摂る!♪

 

利尿作用を促進する食べ物

 

ハーブ・小豆サポニンという成分に強力な利尿作用がある)

 

キュウリ・スイカなどに含まれる「イソクエルシトリン」に利尿作用がある。

塩を振って食べることで、体の冷やし過ぎ防止となる。

 

 

 

 

発汗作用を促進する食べ物

 

七味唐辛子・ニラ・ニンニク・ネギ・玉ねぎ・

 

らっきょう、(「硫化アリル」という成分が発汗や排尿を促す

 

シソ(シソに含まれる「ぺリルアルデヒド」という成分が血行を促進し、発汗を助ける。)

 

 

 

 

浄化作用を促進する食べ物

 

セロリ・セリ・パセリ・人参血液の汚れを浄化する。)

 

黒豆(「イソフラボン」が豊富)

 

ごま造血作用、浄血作用共に優れている。)

 

 

 

 

整腸作用を促進する食べ物

 

ほうれんそう胃腸を浄化・清掃し、再生する。)

 

キノコ類(食物繊維が多く、腸内の有害物、老廃物、毒、発がん物質を排除。)

 

キャベツ胃腸の粘膜を強化、腸を掃除。抗がん、抗潰瘍作用に優れる

 

漬物ビフィズス菌乳酸菌などの善玉菌の増殖を助けて、整腸作用を発揮する。)

 

 

 

 

 

 

冷えからくる「症状」&「対策」

 

 

頭痛・肩こり

 

葛根湯五苓散という漢方薬を飲む。

 

頭痛には、体を温める作用のある「葛根湯利尿作用の強い「五苓散が効果的です。

 

 

 

入浴剤入りの浴槽に浸かり、温浴効果を高めて、体を芯から温めましょう。

 

 

 

手浴をする:(肘から肩にかけて血行が良くなり、痛みを和らげる効果があります。)

 

手首が浸かるくらいの洗面器を二つ用意する。

 

42度のお湯を張る。もう一つには冷水を張る。

 

手首から先をお湯に浸かります。

 

10~15分、湯浴」のあと、 → 「1~2分、冷水に浸ける」を2~3回繰り返し行うと体全体が温まります。

 

 

 

 

 

便秘

 

腹巻をする

 

腹巻を着用して、体の外からも「腸」を温めましょう!♪

 

 

 

腹筋を鍛える

 

腹筋が衰えると、便を押し出す力が弱まり、便秘になりがちです。

 

毎日のウォーキングや無理しない程度の腹筋運動を習慣にしましょう。

 

そうすることで、「腸の血行」も良くなります。

 

 

 

毎日の入浴時に、湯舟の中で、手のひらで時計回りに「お腹をマッサージします。

 

また、お腹に、「温水シャワー」 → 「冷水シャワー」を交互にかけると、「腸の血行」が良くなります。

 

 

 

緩下作用(排便を促す作用)のある、リンゴ&プルーン摂取する。

 

すりおろしたリンゴは、毎日1~2個

乾燥プルーンの場合は、1日、5~10粒

を目安に摂取します。

 

 

 


便秘改善ランキング

 

 

 

 

体の芯から温まる・瞑想風呂♪・㊙健康法♪

 

 しっかりと浴槽に

 浸かることが

 大切です!

 

 

 

※浴槽にお湯(38~40度)を張り、

10~15分間しっかりと、

お湯に浸かることで、

体温が1~2度上昇します!♪

 

 

これにより、

 

 

代謝10~20%上昇】、

免疫力も約30%アップ】します♪

 

 

ということは、

 

 

代謝アップにより、

痩せやすくなり♪、

 

 

免疫力アップにより、

病気に、かかりにくくなる♪

 

 

というメリットがあるんですね~♪

\(^o^)/

 

 

 

 心も体も

 温まって

 幸せに成りませんか!? 

 

これがウワサの瞑想風呂です!

 ↓↓↓


   

体の芯から温まりますよ~♪

 

 

 

 

 

 

 

 健康は良質な睡眠から・・・

 

これが話題のエアツリーマットレスです。

 ↓↓↓


健康生活、始めましょう!

 

 

 

 

 


肥満:(新陳代謝を上げて、体温を上げれば、痩せやすくなる!♪)

 


※私も実際、入浴時、シャワーだけから → 浴槽に湯を張って湯舟に浸かるように習慣化して、3~4㎏体重が減りました~♪(^^♪

 

 

入浴時は、シャワーだけでなく、浴槽にお湯(38~40度)を張り、10~15分しっかりお湯に浸かることで体温が1~2度上がり、代謝が10~20%上昇します。

 

 

 

水・コーヒー・牛乳・水分を多く含んだ生野菜・サラダ・白砂糖・ビール・は出来るだけ摂り入れない!!

体を冷やす作用があるため。)

 

 

 

1日3杯以上の「生姜紅茶」を飲む。

 

発汗・利尿作用の強い生姜紅茶」は「水毒を解消」して「体温を上げてくれる

 

※特に、朝食を「生姜紅茶」だけにすると、午前中の排尿が増えて下半身が軽くなります。

 

 

 

食物繊維の多い食品、「ヨーグルト」を摂取する。

 

ゴボウ・海藻・こんにゃく・ナッツ類・キノコ類などの食物繊維の多い食品やヨーグルトは「便通を改善」します。

 

※ 老廃物とともに水分も排出され、体重が減らせます!♪

 

 

 

 

 

 

 

高血圧:(高血圧の原因は、①塩分の取り過ぎ・➁水分の摂り過ぎ・③動脈硬化・④下半身の筋力低下です。)

 

 

半身浴・足浴をする。(半身浴足浴で下半身を重点的に温め「血流」を良くすることに努める。)

 

 

 

玉ねぎ・大根・ワカメのサラダを摂取する。

 

玉ねぎ降圧効果がある。

 

 

大根血管を強くするビタミンP」が含まれている。

 

 

ワカメ血圧を下げる成分とともに、脂肪の吸収を抑える食物繊維」が豊富。

 

 

しょうゆ体を温める効果がある。

 

 

 

 

青魚を摂取する。

 

マグロ・ブリ・サバ・イワシ・サンマ・などの青魚に多く含まれるDHAEPAというオメガ3脂肪酸」は血液をサラサラにして「動脈硬化の予防」に効果がある。

 

また、「筋肉をつくるたんぱく質」も豊富。

 

 

 

肉やバターは控える。

 

動物性脂肪」の多い、肉・バター・マヨネーズなどは「動脈硬化」につながる食品なので控えること。

 

 

 

納豆・ネギ類を摂取する。

 

納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」には「血栓の溶解作用」があり、「血液をサラサラ」にして血行を促進します。

 

また、ネギ・玉ねぎ・ニンニク・ニラなどに含まれるアリシン」には「血管を広げ血圧を下げる」作用があります。

 

 

 

正しい水分補給を摂ることも、大事です♪

 

 

 

 

 

更年期障害:(閉経すると下腹部の血流が減る。上半身に血が上がって不調が起きる。) 

 

※根本的に、「下腹部の冷え」が原因です。(*_*)

 

腹巻を常時着用する。

 

また、入浴でしっかりとお湯に浸かり全身をよく温めた後、更に「半身浴」をします。

 

入浴後は、下腹部に「生姜シップ」をしたりして、1日を通して「下半身を温かい状態」に保つように心がけることです。

 

 

 


冷え取り健康法ランキング

 

 

 

 

 しっと~り♪

 

 ほっこり~♪

 

 温まる~~♪

 

 

 ホッとすること♪

 

 

 心地いいなぁ~~♪を継続すること♪(^^♪

 

 

 

 今、話題の商品はこちらです!

  ⇩ ⇩ ⇩

   ⇧ ⇧ ⇧   

冷えに24時間密着します♪

  

 

 

いずれにしても、

やってみたらいいんじゃないですか?

 

 

 

 健康は良質な睡眠から・・・


 

 

 

 

 


根菜類を摂取する。

 

ゴボウ・ニンジン・レンコン・などの根菜類には下半身を強化する力」があるという考えが漢方ではあるようです。

 

特に、ゴボウには女性ホルモンの分泌を促す「アルギニン」が含まれています。

 

 

 

大根の葉を摂取する。

 

大根の葉には「血行を良くする働き」があります。

 

 

 

ニンジン・リンゴジュースにセロリを加えて飲む。

 

ニンジン2本、リンゴ1個、セロリ100gで生ジュースを作り、1日、2~3回に分けて飲みます。

 

セロリには、血液の老廃物を除去して血行を改善する作用があります。

 

 

 

 

 

がん:(食べ過ぎ・高カロリー食は血液を汚して、がんの原因なります。また、低体温も、がんのリスクを高める要因となります。)

 

がん細胞は、「35度で最も増殖」し、「39.6度以上で死滅する」とされています。

 

 

 

ゴボウ・ヨーグルトを摂取する。

 

腸内に悪玉菌が多いと、血液中に有害物質が増えてしまいます。

 

なので、便秘を解消して、腸内の善玉菌を増やすことが重要です。

 

ゴボウ・海藻・キノコ類・ナッツ類・などの「食物繊維の多い食品」には排便を促す作用があります。

 

 

また、ヨーグルト・キムチなどには善玉菌である「乳酸菌」を多く含んでいますので、毎日の摂取を心掛けましょう。

 

 

 

 

朝食に、ニンジン・リンゴジュースを飲む。

 

ニンジン・リンゴには、がんの原因となる「活性酸素」を除去する「ビタミンA,C,E」が豊富に含んでいます。

 

朝食時に、1杯飲むと効率よく栄養素を吸収できます。

 

 

 

生姜を摂取する。

 

※生姜に含まれる「ジンゲロール」や「ショウガオール」には、がん細胞の増殖を抑える効果があります。

 

 

 

運動を行う!♪

 

 

運動をすると、体温が上昇して血液中の老廃物が燃焼し、「血液が浄化」されます!♪

 

 

毎日の運動を習慣化しましょう。

 

 

 

 

筋トレを行う。

 

筋肉は、「体熱の40%以上を作り出す重要な熱源」です。

 

運動不足で筋肉が減ると、それだけ体温も下がってしまいます。

 

筋トレを毎日続けて、下半身を中心に筋肉をつけましょう。

 

 

 

※実際、がんが発生しやすいのは」「食道」「」「大腸」「子宮」「卵巣」などの体温の低い臓器です。

 

 

逆に、「心臓」「小腸」「脾臓」といった体温の高い臓器にはほとんど発生しません。

 

 

 

なので、「体を温めて、体温を上げる」ことが「がん予防には大切なのです。

 

 

 

 

以上、

 

少しでも、あなたが健康に暮らしていくための参考にして頂ければ幸いです。(^^♪

 

 

 

 

 

 

免疫力&代謝アップで元気になる♪

 

の記事もご覧になって頂ければ幸いです♪

 

 

 

また、正しい水分補給を摂ることも

大事ですよね~♪

 

 

 

今日も一日、生かされていることに感謝です♪(^^♪

 

 

 

最後までお付き合い頂きまして、

ありがとうございました。

 

 


便秘改善ランキング

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 健康は良質な睡眠から・・・



 

いずれにしても、

やってみたらいいんじゃないですか?

 

 

 

 これが話題の商品です! 

   ⇩ ⇩ ⇩


   

   ⇧ ⇧ ⇧ 

冷えに24時間密着します♪

 

 

 

自分を変えられるのは…

あなただけです!

 

 

 

 

 

 まずは体の中から

 キレイに♪

  

 

  酵素パワー!

 

 

ダイエットに強い味方登場!

  


  

 

 

 腸内スッキリ♪

 

 このダイエット法が

 あなたを救う!

  

 

 

 

 

 乳酸菌パワーで

体の中から変わる!

 

 

 

 


健康食品・サプリメントランキング

 

 

 

 

体の芯から  

温まりましょう♪


  

 もっと輝く人生に!

 

 

 幸せだな~~

 

 豊かだな~~

  

 有難いな~~

 

 

 

 

 

 

 

富士山の恵みから生まれた天然水!

 

なんと!!

 

500mlあたり、80円!

 

富士山の美味しい天然水の

ウォーターサーバー♪ 

 ↓ ↓ ↓ 

富士山のバナジウム入り天然水【フレシャス】

 

2018年5月には、

ウォーターサーバー人気ランキング

第1位を獲得!!

 

 

 

 

 

 

 半端ない!まろやかさ♪

とても美味しくて飲みやすいですよ~♪ (^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 7日間で

 効果を実感した方

 98%!

 

 

 1日1分7日間で違いを

  実感♪

 

今日からあなたも

小顔美人♪

  

 

変わるなら…

今この瞬間!

 

いずれにしても、

やってみたらいいんじゃないですか?


  

もっと輝く人生に♪

 

 

 

 


人気ブログランキング

 


冷え取り健康法ランキング

腸内環境を整えて【血液をサラサラにする♪】3つの方法とは!?

万病一元

 

あなたは「万病一元」という言葉をご存知でしょうか…。

 

 

すべての病気の原因は一つ」それは「血液の汚れ」から来ている…というものです。

 

 

そして、血液の汚れの原因には、食事睡眠ストレスなどがあります…。

 

 

特に大事なのが「腸内環境を整える」ことです。

 

 

健康な腸が血液を浄化する!♪

 

 

血液の成分には、体内で作られている成分食事から摂られる成分があります。

 

 

 

イオン糖質脂質などは血液の栄養成分として体外からも摂られますが、この時に腸内環境が悪いと血液の質を低下させてしまいます。

 

 

 

 

血液には、成分を選択する能力がありませんので、栄養素も摂り入れますが、不健康な腸から出た毒素も摂り込んでしまいます。

 

 

毒素が増えると、肝臓の負担が増え、そこで処理できなくなって全身に巡ることになります。

 

血液ドロドロ浄化法!♪

 

 

・職場や家庭でのストレスが多い…。⇒「ストレスを抱え込まない!」

 

 

・外食が多い…。⇒ 「血液を浄化する食品を摂取する!」

 

 

・夜遅くまで飲食している…。⇒ 「夜遅くに飲食しない!」

 

 

※ 冷え性便秘気味、それらが絡み合うと徐々に「血液汚れ」に発展してしまいます…。

 

 

血液汚れの対策は?

 

 

➀ 血液を浄化する食品を摂り入れる。

 

※ 野菜は生ではなく、火を通したものを摂る。

 

※ 血液を汚しやすい、卵、油、砂糖は控える。

 

 

 

 

② 「頭寒足熱」 

頭は冷やし足は暖かい状態にしておくこと。)

 

※ 夏場でも、冷たいものを控え、お腹を温めることが大事です。

 

 

※ エアコンの掛け過ぎに注意。(暖かい空気は上へ(頭)、冷たい空気は下に(足元)に来るため。)

 

 

 

③ 毎日の適度な運動を心掛ける

 

 

※ 入浴は、シャワーだけでなく、しっかりと浴槽に浸かって、体の疲れを取り、心をリラックスさせる。(38~40度のお湯)

 

 

 

入浴タイムで免疫力&基礎代謝をアップ!♪

 

 

 

人間の体は、体温が「1度下がる毎に」

免疫力が約30%・基礎代謝が約12%

低下するといわれています。

 

 

 

 

私たちの体温が「1度下がるごとに」

病気に掛かるリスクが30%高くなり、

12%太りやすくなるということです。

 

 

 

 

新陳代謝を上げて、体温を上げれば、

 

病気になりにくく、痩せやすくなる!♪

 

 

ということなんですね~(^^♪

 

 

 

 

※ 私の場合も、

 

入浴タイムはシャワーだけでなく、

 

しっかりと浴槽に浸かるように

 

習慣を変えてから約3週間後くらいから

 

体重が約3㎏減りました。

 

 

 

 

また、知人にシェアしたところ、

 

2週間後に体重が約3㎏減りました~~。」

 

っていう報告を頂いております。

 

 

 

 

一日の疲れを

 

入浴タイムで取り除きましょう (^^♪

 

 

 

 

④ 規則正しい食事排便を毎日心がける!♪

 

 

 

⑤ 十分な睡眠時間を心掛ける!♪(最低6時間以上

 

 

 

 

 

※入浴タイム時、

 

浴槽に浸かる習慣とあわせて

 

実践されることをお薦め致します。

 

 

あと5~10kg痩せた~い!

 

 

 

いずれにしても、

やってみては、いかがでしょうか!

 

 

 

 

 

 

血液を浄化する食べ物・体の中からキレイに!♪

 

血液をサラサラにする食べ物:成分:効果効能

 

納豆 

 

ナットウキナーゼ 

 

腸内にある血栓融解毒素を刺激して活性化させ、

 

血栓の融解を促進するのと、

 

自身が吸収され血液中で血栓を融解する働きがあり、

 

血液をサラサラにします!

 

 

 

 

にんにく : 

 

スコルジニン 

 

余分なコレステロールを排泄し

 

血液の循環をスムーズにする。

 

 

 

 

ニンニク・玉ねぎ 

 

アリシン : 

 

体の中で活性酸素を取り除くことで、

 

動脈硬化を防ぎ血液の流れを良くする。

 

 

 

 

黒酢 :

 

必須アミノ酸 : 

 

血小板・擬集抑制効果と白血球粘着抑制効果を発揮させ、

 

ドロドロになっていた血液成分が固まるのを防ぐ働きをする。

 

 

 

 

しじみ :

 

タウリン 

 

肝細胞を修復して肝臓の機能を高めるという効果を持ち、

 

肝臓の持つ血液浄化作用を助けて血液をサラサラにする。

 

 

 

 

特別なアミノ酸 : 

 

オルニチン : 

 

肝細胞を修復したり、肝臓の持つ解毒サイクルを助ける

 

という作用を持っていて、

 

肝機能をアップすることで血液をサラサラにする。

 

 

 

 

青魚南極オキアミ(クリルオイル)

 

DHA : ドコサヘキサエン酸 

 

赤血球などの血液中の成分を柔らかくする働きがあり、

 

血液をサラサラにする。

 

 

 

 

EPA :

 

エイコサペンタエン酸 :

 

血小板が血管内で固まるのを防ぐ作用が備わっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

腸内環境を整えよう!♪

 

※ 腸の調子が分かる方法として、目安となるその一つが「排便」です。(^^;

 

 

腸の調子が良いと、

 

スルッと出て残便感がない」です。(^^♪

 

 

 

しかも、感覚的に「少し出たかな~?」

 

でも、実際は「バナナ1本分くらい~

 

な感じです。。(^^;

 

 

腸内細菌免疫力の70%を支配する!!

 

 

残りの30%が「精神的なもの」に左右されるということです。

 

 

また、腸粘膜の表面積全身の皮膚の約200倍です。。

 

 

細菌やウイルスにさらされている為、

 

免疫力アップに万全を期す必要があるということです。

 

 

※ 腸がきれいだと、体の免疫力が高い!

 

 

そして、血がきれいということに繋がります。

 

 

 

血がきれいだと細胞がきれい~♪

 

 

細胞がきれいだと、きれいな身体が保たれる~♪

 

 

 

あなたも、

 

腸内環境を整える!♪

 

そして

 

血液をきれいに!♪

 

 

 

そして、もっともっともっと、

 

健康に成りましょう!♪ (^^♪

 

 

 

あなたは、「成りたい自分」に必ず成れます!♪ (^^♪

 

 

 

 

最後までお付き合い頂きまして、

ありがとうございました。

 

 

 

免疫力&代謝アップ健康法!!

 

ご覧頂けますと幸いです♪

 

 

 


人気ブログランキング

 


便秘改善ランキング

 

 

 

 

 

あと5~10kg痩せたい!!

 

 

自分を変えられるのは…

あなただけです!♪

 

 

 

 

 

 体の内側から

 キレイに♪ 

 

 自分を変えられるのは…

 あなただけです!♪

 

 

 

 

腸内スッキリ!♪

 

 

乳酸菌パワー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

今 話題の

ダイエット法

 

ダイエットに成功!♪

 

 

 

詳しくはこちらから

 ⇩ ⇩ ⇩



酵素パワーで

体の中から変わる!♪

 

自分を変えられるのは…

 あなただけです!♪

 

 

 

 

 

 

 

 

体にいいこと始めよう!♪


 

 自分を変えられるのは…

 あなただけです!♪

 

 

 


人気ブログランキング


健康食品・サプリメントランキング